会員企業訪問

 

有限会社ゼネラル物流  片山 裕美子君

■入会のきっかけ
上司の勧めで入会しました。

■青年部の印象
飲みの席は多いんだろうなという印象が強かったです。よく仕事をしてよく飲むという感じです。

■自社PR
時代の変遷とともに、重量物、機械搬入据付け、設備諸工事、運搬を通して社会貢献できるよう努めて参ります。

■最後の一言
EGに何もわからない状態で入会して、まだまだわかってない私が言うのもなんですが、会や行事に参加して顔を出すだけでもいいと思います。参加し続けることで、表情が変わったなと思う方もいらっしゃいますし、仲間が増えることは色々なチャンスも増えます。合う、合わないといったことも当然あると思いますが、ご縁を大切にして頑張って下さい!

このページの一番上へ

有限会社ゴーイング 森本太一郎君











■入会のきっかけ
現在の大津の事務所をオープンしてすぐの31歳時に友人から誘いがあり入会を決めました。自分のスキルを高め、販路を広げていきたいとの強い想いがあったため、特に迷いもありませんでした。

■青年部の印象
初めはイメージしていたものと違う面もあり活動にネガティブな時期もありましたが、慣れていくとどっぷりとはまってしまいました。同世代の経営者の方達と仲良くなれることがYEGの何よりの良さと思っています。

■自社PR
社員には自主性を持たせていて髪型等についても特に制限はしていないが、お客さまに向き合う姿勢だけは厳しく指導をしています。それにより仕事に関してはしっかりとやるという風土は築けています。

■フリートーク
よさこいの初代委員長の時は思い通りにいかないことばかりで大変でしたが、今となっては良い思い出です。震災直前の仙台での全国大会でよさこいへの取組みでYEG大賞を受賞することが出来たことも凄く心に残っています。
今後このような機会があれば、受賞を目指して積極的にやってもらいたいです。

■最後の一言
平成29年〜平成31年の3年間、出向により多忙でお金もたくさんかかりましたが、全国に仕事の販路を広げることが出来ました。また、全国の方々と交流することで人間的な成長に大きく繋がったと感じています。出向しなければ良かったという話は聞いたことはありませんので、これだけは是非後輩達におすすめします。
YEGでの失敗は失敗ではありません。引っ張って行ってくれる人が必ず居るので、どんどんチャレンジをしてみて下さい。

このページの一番上へ

ダイニングプランナー株式会社 尾ア 秀行君











■入会のきっかけ
前任の引き継ぎでもありますが、私も居酒屋の勤務で異業種の方との交流も少なく、もっと増やしたいと思い入会をしました。

■青年部の印象
一番の印象としてはとにかく皆さん「仲が良い」と感じました。委員会の会議は真剣に議論し合いますが、懇親会時は楽しく意見交流ができました。また自分が出席できない時も懇親会会場としても利用してくれ交流の場を設けてくれたのも嬉しかったです。

■自社PR
「居酒家 駱駝」「駱駝別邸」「エキマエノ駱駝」と3店舗あり名物「れたしゃぶ」をはじめ新鮮な魚料理など逸品をご用意しています。県外のお客さんにも好まれますのでぜひお立ち寄り下さいませ。

■最後の一言
もっと参加したかったと思います。入会したからには積極的に参加し、自分へのスキルアップにつなげて欲しいです。また、色々な業種と交流を図り高知県の発展に努めて欲しいです。

このページの一番上へ

ムジカスタイル 森本 多麻美君










■入会のきっかけ
他団体時代からYEGとの交流事業の委員長をしていたこともあり、顔見知りも多く以前から誘って頂けていたので自然な流れで入会しました。

■青年部の印象
初めはネガティブな印象を持つこともありましたが、現会長の田村会長が当時の新入会員を受け入れる委員会(新HERO委員会)の委員長で、フラットに親しく接して頂けました。また、副委員長や同じ新入会員同士とも親しくなれましたし1年目は様々な事業が新鮮で特に楽しかったです。

■自社PR
音楽大学卒業時から、ピアノ・フルートの指導、演奏活動を行ってきましたが2021年はりまや町にて森本多麻美音楽教室を開業し、ピアノ・フルート・ソルフェージュの指導を行っています。
また、2012年より、子どもから大人まで誰もが楽しめるコンサートをモットーに「森本多麻美全編曲ワンダフルコンサート〜アレンジの魅力」を毎年開催しています。独自のアレンジでコメディも織り交ぜながらの演出が好評を得ています。今年は記念の10回目を迎えました。

■最後の一言
仲間をたくさん作って楽しく活動して頂きたいなと思います。私自身、音楽以外の仕事の経験も無く、事業の一つ一つが勉強になりました。役を任されると常に気が張り自己成長にも繋がるので、チャンスがあれば受けて欲しいと思います。

このページの一番上へ

株式会社 縁(エニシ)OHANA BALLOON 横山 則子君









■入会のきっかけ
当初は27歳、第17代味本会長の時に入会をしました。それから委員長も経験させてもらいましたが、諸事情により一時退会をしました。7年のブランクを経て、現在の在籍企業への入社をきっかけに再入会しました。出戻り入会でしたので再入会時にはOBの方達ばかりが知り合いであったが今ではOB、現役ともにたくさんの人と親交を持てています。

■青年部の印象
以前は定例会や委員会、事業などへの出席は当たり前、その上、懇親会まで必ず出席しなさい(しないともったいない)との教えがありましたが、教えを破りひとりで飲み歩いたりしてバレてしまい叱られた事もありました。役員会はすごくピリピリしていて恐ろしかったです(笑)でも、教えを守り、活動することで、当初は人脈が少なかったが、入会しないと知り合えない人たちから仕事をもらえたりしました。委員長をした時も正副委員長がはじめての役職で右も左もわからない状態で常にバタついていましたが、とても楽しく活動ができました。
■自社PR
コンテストウエディング部門(高砂テーブルアレンジメント)にて優勝を獲得。日本一のアレンジメントを提供します。個人(プロポーズの演出やホテルの装飾、結婚式や誕生祝いの装飾など)のから法人(展示会や企業感謝会、開業祝いなど)までこだわった装飾を予算内でアレンジいたします。

■最後の一言
コロナによる活動の自粛で昨年は委員会事業が何もできず悔しかった。今年においても多くの新入会員が入会したが一人ひとりを覚えれていない、そんな中で卒業を迎える年になってしまいましたが、とにかく会に出席し、とにかく役員になってほしい。そのことで人間関係ができるし楽しい。そのことで自分を知ってもらえるし、こちらも知ろうとする。大人になって友達はなかなかできないが、YEGではできる。太らないとYEGに参加してない証拠(笑)OGになっても遊んでくださーい!バルーンも買ってください!!(笑)

このページの一番上へ

アフラック募集代理店 有限会社 山本保険サービス 原 英郎君









■入会のきっかけ
2013年に別の会で知り合った直前会長の吉本大輔君の紹介で入会しました。

■青年部の印象
私が青年部で特に印象に残っているのが、2019年に交流の架け橋委員会の委員長をした時です。

定例研修会で家族交流会を担当し、商工会館で100人以上のYEGメンバーとその家族に来てもらい、マグロの解体ショーや委員会対抗アトラクション(お魚リレー)を行い、輪投げとくじ引きの夜市のコーナーを作りました。多くのメンバーから景品の協賛をいただき、盛大に行うことができました。来てくれた子供たちが笑顔で帰っていくのを見て、やってよかったなと実感したのを覚えています。

次に担当したのが豊穣祭で豚串を販売しました。その年のYEGのブースは一番売上げが期待できない北側入口でした。当初、2日間で豚串の販売本数500本の予定で準備していましたが、2日間で合計2194本(当初予算の4倍以上!!)を販売し、その結果、全体の売上でもYEGの過去最高の実績を更新することができました。

最後に担当したのがYランドリーグです。この時は「目指せ一勝!!」を合言葉に普段の倍の練習時間を確保し、また、とある小学校のPTAチームと練習試合を行うなど一生懸命努力しました。しかし、結果は残念ながら全敗の最下位でした。

委員長の時は企画から実行に至るまで紆余曲折が続き、トラブルも多く、ものすごく苦しみぬいた時間でしたが、今となっては全てが良い思い出です。本当に多くのメンバーの方から声をかけてもらい、ご協力をいただいたおかげで1年間乗り切ることができました。


■自社PR
有限会社 山本保険サービスはアフラック専属の代理店です。高知県内において実績はもちろん「お客様に選んで貰える代理店No.1」がビジョンになっています。
アフラックのことはもちろん、保険のことで困りごとや悩み事がある時は、是非、気軽にお声がけ下さい。


■最後の一言
卒業を考えた時に最初に思ったのは「もっと事業に参加しておけば良かった」ということです。

私は入会当初、YEGにあまり馴染めず、活動にも参加できていませんでした。
ですが「入ったならやった方が良い。やらないなら辞めたほうが良い。」と先輩にアドバイスを頂き、少しずつ参加していった結果YEGが楽しくなっていきました。

毎月当たり前のようにやっている定例研修会もその裏では担当委員会の方が、試行錯誤を繰り返しながら一生懸命0から作り上げているものです。仕事が忙しいとか家族との時間を優先したい気持ちはわかります。それでも事業に出ることで得るものは大きいです。これから活動される皆様には是非積極的に参加して欲しいと思います。

このページの一番上へ

(有)ダイワ青陽社 岡田 馨太朗君









■入会のきっかけ
姉が女性会にいたので、半ば強制的に入会させられました。(笑)

■青年部の印象
仲が良い!酒飲みすぎ(笑)が真面目なところもある。歴代会長、会長候補の方々からオーラを感じる。入会式の時に全く知らない先輩にいい会やき頑張れと言われたのが印象的だった。

■自社PR
お店出すならダイワ青陽社!
看板、内装、什器、コピー機、スタッフウエア、名刺チラシなどなど、お店事務所を開くのに必要なもの全て承ります。

■最後の一言
あとは任せた。

このページの一番上へ

株式会社高知銀行 高島田 尚史君









■入会のきっかけ
地域の経営者様とのつながりを広げるため、高知銀行から常に一人所属させて頂いています。

■青年部の印象
5年間所属させて頂いていますが、元々企画を発案するのが好きでしたが、仕事が忙しく満足に活動がおこなえておらず、委員会のメンバーにはご迷惑をおかけしています。その中でメンバーは、私の仕事内容を理解して頂き、YEGの事業のフォローして頂きました。お互いにフォローし合い事業を進めていく姿が印象に残っています。その環境を作って頂いたので、好きなことを自由に活動させて頂きました。

■自社PR
「熱意・調和・誠実」が高知銀行の理念として行動させて頂いています。高知銀行は地域に貢献しお役にたてれるよう熱意を持って誠心誠意努めてまいります。

■最後の一言
会社、YEGそして家族のバランスをとって活動していくということが大切だと考えます。そのバランスをフォローし合える仲間が居ますので、できる範囲で楽しんで活動していかれると良いと思います。

このページの一番上へ

笈ョ自動車工業 森田 倫光君









■入会のきっかけ
30歳まで東京生活。父の病気もあり帰高後、現在の家業に入るも県外生活が長いため、知り合いも少なく成果をだすにも限界がきていた。
その時に、6年間断り続けてきたがOBの西村さんや同級生の高橋君、吉本君から「おもしろいから!商売に繋がるから!」と熱烈な誘いを受け入会を決断した。

■青年部の印象
入会以前は、酒ばかり飲んでガラが悪く良い印象ではなかった。
入会後は、同世代の人間が予想以上に真面目に交流と研鑽を重ね、仕事や地域貢献に意外にも真面目に活動している事を知り、積極的に参加するようになった。



■自社PR
「地域と共に歩む車屋さん」
私たちは安全で安心な自動車社会の発展のため、知識と技術の取得、人間的成長に日々努め、笑顔溢れる豊かな地域を作ります。
座右の銘
「教養は荷物にならない」「人間万事塞翁が馬」


■最後に一言
卒業生企業訪問に来てくれてありがとうございました。入会時に自分が卒業することをイメージできませんでしたが無事にその日を迎えられそうです充実したYEG生活でした。                                                       令和4年の須崎ブロック大会、5年の会長研修会、6年の40周年記念事業と大きなイベントが目白押しですね!!このような大きな事業を行える皆さんを羨ましく思います。怯むことなく前に前に進んでください。OBとして外野席ではなく内野席から応援していますので兵隊としてコキ使ってください。優秀な後輩たちの今後の活躍を祈念いたします。

このページの一番上へ

よこた経営労務センター 横田 耕司君









■入会のきっかけ
以前より地元である大橋通り商店街振興組合の活動では商店街の活性イベントやよさこいチームの担当として地域振興に積極的に活動してきた中でYEGの入会にはいろいろな方からご紹介いただいたのですが当時は別会に所属している事もあり入会のタイミングが合いませんでした。2018年に改めて堅田さんの紹介という形で親交のあった広末さんとともに入会するきかっけを頂き今日に至ります。

■青年部の印象
ともかく会員の皆さんがとてもフレンドリーで敷居を感じることが無かったのが印象に残っています。定例会、委員会は勿論、交流会や各対外事業にも出来るだけ参加するようにしてきたのでその後の懇親会も含め会員間での交流や学びの機会は沢山得られました。
新入会員担当例会では当時の委員長の畠中拓馬さんの元でペップトークの研修事業を行い好評いただきました。企画立案で幻となりましたがY1事業、市場であそぼう事業なんかもありましたが企画が通らず断念。いまではいい思い出です(笑)


■自社PR
昨今働き方改革等、企業が課題とする労務への関心がより高まっています。
当社の特徴としては各業種の中でも多くの課題を抱えておられる運送業の企業様の担当も複数担当させていただきノウハウも豊富です。持ち前のフットワークを活かし中小零細企業の健全な発展とそれを支える労働者の適正な管理、能力開発や福祉の向上にお役に立てるよう日々奮闘しております。


■最後の一言
コロナによる活動の自粛で様々な交流や学びの機会が失われる中で卒業を迎える年になってしまったのが非常に残念に思いますが、YEGで得られる学び、交流は今後の大きな経験となります。そのきっかけの一歩が自ら参加をする行動だと思います。残された在会期間ではありますが最後までよろしくお願いいたします。

このページの一番上へ
  • 前ページ
  • TOPページ
  • 次ページ
  • HOMEページ

- Topics Board -

会長あいさつ
執行部・委員会紹介
会員リスト
会員企業訪問
新入会員紹介
組織図
リンク