会員企業訪問

 

(有)中央環境企画 藍原 緑君










■入会のきっかけは
JC活動を結婚・出産の為弟に譲り、育児が落ち着いた頃に知人の株式会社高知大正の宅間社長にご紹介頂き、入会致しました。

■青年部の印象は
委員会ごとに特色がありますね。「商工会議所青年部」というだけあって、ビジネスでの繋がりを感じます。新入会員の皆さんには、同期入会の仲間との繋がりをずっと大事にして欲しいです。

■企業PR
事業系一般廃棄物収集運搬業を行っています。事業系ごみは必ず許可業者に委託して下さい。家庭用ごみステーションに投棄することは不法投棄に当たり、「廃掃法」による厳しい罰則があります。詳しくは当社までご相談ください。

■最後に一言
女性会員が活動しやすい会作りをして頂きたいです。YEG活動を通して多くの人と交流をもち、生涯の仲間ができるように積極的に参加して下さいね!私も今から頑張ります(笑)

このページの一番上へ

RABOmoribungu (森文具店) 森 圭君










■青年部入会のきっかけ
平成21年会長予定者の宅間健朗君から入会を勧めて頂きました。(強制でしたが!)

■青年部の印象は?
年齢の違いや商売の違いを超えた青年部員で、単年度の委員会で行う濃い内容の事業には驚き多くの事を学ばせて頂きました。
一番印象に残っている事業はよさこい祭り高知駅前演舞場に参加し、青年部員一丸となって演舞場運営に携わったことです。(最終年度もがむしゃらに働きました。)

■企業PR
企業ノベルティー商材に幅広く名入れ対応しています。
事務用品・文房具・事務機械・事務機器・オフィス家具なども幅広く扱っています。
一度見積り参加させて頂きたいと思います。(笑)
■最後に一言
YEG活動を通じて、多くの方との出会いがありました。
この出会いを大切にして行きたいと思います。
ルーキーズ委員会最高でした。(宅間健朗君ありがとう。)

このページの一番上へ

(株)高知大正  宅間 健朗君









■青年部に入られたきっかけ
OB会員の今西さんと同い年の山ア努君に誘われて入会しました。それほど深くは考えずに入りました。

■思い出に残った事業・やってよかった事業
17年間在籍したので、たくさんの思い出があるのですが、特に思い出に残っているというかとにかく大変だったのは、JCさんと初めて共同でやった「エンジン01」はかなり忙しい事業でした。私たち青年部が携わった「夜学」は、著名人・芸能人の方々と高知県民が一緒に食事をしながらその方々から学ぶというもので、その後「夜学」という言葉が一般的に使われ始めたと思います。この事業は飲食店の視察から選定と準備段階からずっと野町さん(現在OB会員)と一緒に行動していました。当日も大変で心身とも疲れ果てましたが、頑張ったかいもあって「01」後も「02」「03」とYEG・JCが中心となり、継続されていました。著名人と高知の人たちの絆もでき、いまも関係の続いている方もおられます。
高知商工会議所青年部25周年の記念事業で桑田真澄さんをお招きして、子供を中心に1500人位を無料で招待した事業ですが、この時の中西委員長には本当にご苦労をおかけしましたが、非常にいい事業だったと思います。
あと、夏に行っている「土曜夜市」への出店は、初めは半分遊びのつもりでメンバーの川村君達と出店していたのですが、現在では恒例事業になっています。
今はなき、「鏡川祭り」も思い出に残る事業の一つです。祭り当日の三日間をはじめ、準備からかなり大変な事業でした。真面目な事業はもちろん大事ですが、このような大変忙しい事業によって、新入会員も他のメンバーに馴染むことができ、メンバー全体に結束力が生まれたように感じます。それぞれ大変な事業でしたが、やってよかったと改めて実感できました。

■企業PR
「お客様のお役に立ちたい」「損得よりも善悪」
倫理観を持って目先の利益やその場しのぎではなく、お客さんを永続的に守るを信条にやっています。
自動車保険・火災保険・生命保険が中心ですが、現在は使用者賠償責任保険や第三者に対する賠償責任保険など会社内外からの訴訟リスクに備えて企業を守る保険に力を入れて提案していっております。どんなことで力になれるか分からないので、何でも相談して下さい。

■最後に一言
入会したからにはもっと自発的に参加して、結束・責任感・使命感のある行動をすべき。
参加することによって、得られるものがあるはずなのに面倒くさいというで来られるのに来ないという姿勢ではYEGに入っている意味がないのでは?
スケジュール管理が出来る事が大事で、忙しい忙しいと言う人は忙しくない。
本当に忙しい人はきちんとスケジュール管理してこなしているはずなので、大人のクラブ活動ですが、責任感を持ちつつも楽しんで欲しい。

このページの一番上へ

(株)ほっとこうち 元吉 太郎君









■青年部入会のきっかけ
宮本正司先輩の勧めで入会しました。

■青年部の印象や思い出
異業種の方が沢山いるという事と、入会2年目に初めて委員長を受けたのが新入会員の委員会でした。仕事でもない上司でも部下でもないという関係、そしてYEG歴の長い先輩がいたりする中で役目を擬似的に背負わされるという事を今まで経験した事が無かったので大変勉強になりました。
その時のメンバーには助けていただいたという事もありよく覚えていて、別々の委員会になった今でも付き合いがあります。

■企業PR
「ほっとこうち」は2017年4月で20周年を迎えます。正確には1997年3月25日操業創刊しました。社長の広井、会長小野川、私を含めた3名で初めて月刊タウン情報誌を毎月25日に出すという事で、高知のグルメ、ファッション、映画等の情報を集めて広告協賛をいただいて書店、コンビニで販売するという仕事をしていました。
当時の高知は四国の中でタウン誌(地域雑誌)は不毛の土地と言われていたのですが、2000年の頭ぐらいからコンビニが出来始め、そこから売り場が増え認知度が上がり今に至ります。
今から5年くらい前に、ほっとこうちの別冊として出版した「ランチパスポート」が大変好評で、現在は全国約80カ所でライセンス展開をしています。高知での利用はもちろんですが、ぜひ他県でもランチパスポートを活用していただければ嬉しいです。

■最後に一言
私の会社は社員が20数名の会社です、高知商工会議所青年部のメンバーは今約150名います。委員長をした時に思った事は、青年部を会社に例えれば委員長というのは課長の役目になり、そして150人の従業員がいる会社の課長の立場を疑似体験する事が出来るというのは、とても貴重な体験となり大変勉強になりました。チャンスがあれば色んな役を受けて自分の会社では経験出来ない事を青年部でしてもらいたいです。

このページの一番上へ

(有)バサラ 近藤 善郎君









■青年部入会のきっかけ
他の異業種交流会卒業をきっかけに(有)ゴーイング・森本君の勧めや当時の高知YEG会員様の後押しで、入会させて頂きました。

■青年部の印象は?
様々な業種の皆様、年代の方がいらっしゃり、
当初は縦社会的なイメージを持っておりましたが
実際は、イベントや会式へ向けて、各自が忌憚の無い意見考えを切磋琢磨、啓発出来る場所であり、そこで一緒に学べた事に感謝いたします。

■企業PR
ホームページ製作・プログラム作成・サーバー管理の一元化を1社で行える強みをベースに、ECサイト構築・様々なデザイン・印刷物まで対応しております。
WEB業界では老舗となりますが、日々新しい事に挑戦し顧客満足を高めるべく企業に起こりがちな既成概念にとらわれない「仕事」に取組んでいます。

■最後に一言
卒業と思うと、感慨深い物もありますが出会えた皆様との人脈が一番の財産であり賜物です。
バサラからは後任がおりませんが、個人的な事業後任として近藤印 高知酒店にて、またスタッフが参加いたしますのでどうか宜しくお願い申し上げます。 byこんじる

このページの一番上へ

株式会社エースワン 中山 浩靖君









●青年部入会のきっかけ
高知の地元企業の方々との交流を通じて、様々な学びを得ると共に、ビジネスチャンスの創造を含め、郷土の発展に貢献すべく、会社から入会を命じられました。

●青年部の印象
それまで社外の組織に所属した事は無かったので、非常に新鮮な思いがした事を今でも覚えております。青年部会員の多くの経営者の方々が、本業での重責をこなしながら、青年部活動にも積極的に参加されている姿に感銘を受けました。

●企業PR
弊社は「売上げの一部を、地域社会にお役立てする」を社是として、スーパーマーケットの経営を行なっております。「最初に実を求める者は、木を枯らす」との社訓に従い、目先の結果よりも、末永いお客様のご愛顧を頂ける様に、日々努めて参ります。

●最後に一言
本年度で卒業となります。皆様本当にありがとうございました。青年部活動での経験を活かし、引き続きOBとして地元高知の発展に貢献して参りたいと存じます。皆様よろしくお願い致します。

このページの一番上へ

アマリージュ 前川 由可君










◎青年部入会のきっかけ
現会員の方に異業種の方とふれ合う事で良い経験ができると勧められ入会する事にしました。

◎青年部の印象や思い出
印象はただただお堅いイメージしかなく緊張しておりましたが、実際に参加させて頂くと皆さん暖かく受け入れてくれとても良い印象でした。

◎企業PR
お店をオープンして来年で20周年を迎えます。
店内は2階があり個室のような雰囲気でお客様に大変喜ばれております。これからも皆様に愛されるお店づくりをしていきます。


◎最後に一言
残りの期間を楽しみながら一生懸命YEG活動に取り組みます。

このページの一番上へ

南放セーラー株式会社 細木 拓也君











◎青年部入会のきっかけ
OBである宇佐美会長より人と繋がりを築くことを目的に平成26年7月入会しました。
人脈を生かして仕事を取るということに関しては結果を得られなかったが、メンバーの仲間と知り合えたことは財産になったと感じています。
また、45歳までという今しかできないことをさせてもらえたことが本当によかったと思います。

◎青年部の印象は?
基本的には宇和島yegと同じ空気であったが故郷であるぶん楽しませてもらいました。
卒業を前にしてもっと熱い話をメンバーとしたかったですね。
正直言うと、もっともっと地域や高知をよくするためにやって行きたかったです。

◎企業PR
マーケティングのプロとして印刷物一つからしっかりとしたコミニュケーションを図り、依頼主の本当の目的に合っているものを考えて本気で提案を致します。ぜひ僕達に相ご談ください。

◎最後に一言
宇和島YEGに入会するも卒業できなかったが、こうして高知で卒業できることになり嬉しいです。これからの高知を現役YEGメンバーにさらに活性化してもらいたいと思います。期待しています。

このページの一番上へ

株式会社オフコム 松本 政志君









◎青年部入会のきっかけ
当社代表取締役松岡の引継ぎで平成24年に交代で入会しました。また、株式会社アイラの下元浩靖さんから紹介をうけたこともきっかけの1つです。

◎青年部の印象は?
高知YEGに入会が決まった時点では、嫌だなと思っていました。
しかし、いざ定例会などに参加するようになってからは、色々と勉強になることも多く、最初のころに抱いていた印象はすぐに払拭されていました。
一番印象に残っていることはよさこい委員会に参加し、会員一丸となって演舞場運営に携わったことです。

◎企業PR
様々な企業に対して、OA機器やオフィス家具、その他文具などの提案・販売を行っています。
また、顧客満足度向上のため、コンピューター機器やコピー機の保守サービスなど、各種サービスも行っております。
その他、福利厚生にも力を入れており、平成28年3月には男女が共に働きやすく、仕事と家庭両立の推進など子育てしやすい環境づくりに積極的に取り組んでいる企業として、県より「次世代育成支援企業」の認証を頂くことが出来ました。

◎最後に一言
高知YEGの会員には企業の代表や後継者の方など、すごいと思える方々が多く在籍しています。
そのような方々と知り合い、色々な話を聞けることが、仕事にも活きてくると良いと思います。

このページの一番上へ

高知ヤクルト販売株式会社 嶋田陽一君









●青年部入会のきっかけ
愛媛県出身であり、8年前に高知へ来るまでは愛媛県の青年会議所に入会していた。高知に来て人脈を広げるため、まずは商工会議所の親会に入会後、青年部の存在を知り、入会した。

●青年部の印象
青年会議所のイメージを持ち、商工会議所青年部に入会した。しかし、いざ入会してみるとイメージと違い、目的をしっかり持ち入会しているメンバーが多く、「大人の部活」という考えを持ち取り組んでいるという印象を持った。

●企業PR
高知県全域を担当エリアとして、乳酸菌飲料(ヤクルト類)や発酵乳(ジョア、ミルミル等)、さらには化粧品、食品、清涼飲料へと事業の幅を広げています。
ヤクルトの商品は、スーパー等の量販店で購入できる商品が少なく、ヤクルトレディからしか購入できない商品がほとんどで、そこが付加価値になっています。またヤクルトレディも自分が使用して本当に良いと思う商品をお客様に紹介しており、子供から大人まで幅広い世代に安心して利用してもらうことを目指しています。
また、社会貢献活動として、「地域見守り隊活動」、「認知症サポーター養成活動」、「健康教室の開催」、「ウン知育教室の開催」などを実施しております。

●最後に一言
青年部の仲間との、たくさんのご縁を大切にし、ヤクルト製品共々、末永くお付き合いいただきたい。

このページの一番上へ
  • 前ページ
  • TOPページ
  • 次ページ
  • HOMEページ

- Topics Board -

平成28年度CONTENTS

会長あいさつ
執行部・委員会紹介
会員リスト
会員企業訪問
新入会員紹介
組織図
リンク