会員企業訪問

 

有限会社葉山庭園 野村美代子君










■入会のきっかけ
2003年(29才)の時に代表取締役に就任した事をきっかけに、知り合いの方から様々な団体への入会を勧められるようになりました。YEGは、以前から公私ともに御縁があった夕部美子さんにお誘い頂き2005年4月に入会させて頂きました。

■青年部の印象
入会した当時は新入会員の委員会は無く、私が最初に所属したのはスポンサーと同じ委員会である地震防災委員会でした。訳が分からないまま研修旅行に参加し、ワインを飲まされベロベロになったり、寝顔をHPの会員ページにアップされたり・・・散々な目に遭いましたが、とても楽しく勉強もたくさんできました。
会員のほとんどが男性なので最初はとても緊張しましたが、私の会社は建設業なので仕事でも男性と接する事が多く、たくさんの男性メンバー達と一緒に青年部活動をすることは、私にとってとても良い経験になったと思います。おかげ様で私も男前女子になりました(笑) また何よりも幅広い職と立場の方々と知り合えることによって、幅広い意見が聞けて、自分自身幅広い考え方を持つことができました。加えてメンバーは有能な方ばかりで、たくさんの刺激とパワーを頂きました。
また各委員会が担当する定例研修会においては、様々な委員会があるからこそ沢山の学びができ自分自身のスキルアップにつながり、それを自社に活かすことができた。なかでも直近のペップトークは日々意識して活用するようにしています。

■PR
【有限会社 葉山庭園】は 祖父が創業し、私が三代目の代表をさせて頂いています。
主な営業内容は、造園工事・外構工事・庭園(樹木)管理です。
一般住宅の様々な庭造り、庭園リフォーム、駐車場やエクステリア工事など、設計から施工まで手掛けています。公共事業では、公園工事や街路樹の植栽・管理など行います。庭園管理は、樹木の剪定・伐採・除草・殺虫剤散布、花壇のお花の植替えも行います。
父が【樹木医】という資格を取得しており、樹木の診断治療や 植樹などの技術指導、各種セミナーの講師などの活動を行っています。
創業当初から変わらず技術力を最も重視し、庭のプロとしてお客様に必ず喜んで頂ける庭造りに励んでいます。

■最後に一言
14年もの長い間、ほとんどの期間を「参加できる時は参加する」というスタンスで活動をしてきました。研修会に参加したり、メンバーの様々な考えを聞くだけでも勉強になり満足していました。女性ということもあり家事・育児・仕事をしながら負担の大きい役割は難しく避けていたのですが、昨年度西村会長に声を掛けて頂き、執行部としてかけがえのない時間を過ごさせて頂きました。限られた期間でしか活動できないYEGだからこそ、皆さんに(女性にも)積極的に活動し、様々な経験をして頂きたいと思います。ただし、家庭が1番・仕事が2番・YEGはそれ以降でお願いしますね。

このページの一番上へ

木学而税理士事務所 木学而君









■入会のきっかけ
 2014年7月入会ですが、他の業種の方の考え方をもう少しみておきたかったところもあり、その折に公文先輩にお声をかけて頂いたことで、入会を決めました。

■青年部の印象
 入会時の面談の折に、年齢から逆算して5年程度在籍をすることができることを踏まえたうえで、その間に自分のできることを考えたい、と当時の川田会長にもお話をしたことがあります。
 川田会長から永井会長、高橋会長、西村会長に中越会長と5人の会長がそれぞれの目的に従い、事業を行う過程を見ておりましたが、その中で規則等でかっちりと固められたものでもなく、上下関係が著しく厳しいものでもない自由度が高い組織であるとは感じておりました。その自由さをそれぞれの会員がどのように利用するのかで、印象は変わるとは思いますが、自分はその自由度を結構楽しませていただきました。

■PR
 最近は、会社をいかにして生き残らせるか、という事に関し、税務上の観点から腐心しております。

■最後に一言
 青年部の印象にもつながるところではありますが、総じて自由度に特徴のある組織ではあると思いますので、今のままのYEGであってほしいとは思います。
 5年間楽しませていただき、ありがとうございました。

このページの一番上へ

たかはし社会保険労務士事務所 橋卓弥君








■入会のきっかけ
高校の校友会で宅間健朗さんにお声を掛けていただき、その2年後に入会しました。

■青年部の印象
入会前は跡継ぎの方々が多く、お酒ばかりを飲むという、必ずしもいい印象ではありませんでした。
しかし、入会後、様々な事業に参加することで、本音で話し合える先輩方、仲間に巡り合えました。
また、真剣な青年部活動で築いた絆や信頼は強く、プライベートでも一生付き合うであろう先輩方や仲間ができましたし、その絆と信頼が新たなビジネスにつながることもあります。
結果として今後の事業の礎となる物をYEGで作ることができました。

■PR
「ヒト」に関することはお任せください!
労働基準監督署等の調査対応((時間外労働に関する対応(業種、規模に応じた労働時間の策定)、未払い残業代、是正勧告の対応)、その他行政機関調査対応(年金機構等)、電子申請(労働・社会保険手続代行)、就業規則作成、研修講師(管理職、ハラスメント、業界等の研修)等の人事労務コンサルティングを通じて、クライアント事業の健全な発展をお手伝いいたします!
また最近では、今後の同一労働同一賃金・人材育成を見据えて、職務、役割を基準とする等級制度・評価制度・賃金制度の構築、導入に力をいれています。お気軽にご相談ください。

■最後に一言
YEG活動に積極的、自発的に取り組むことで感じることがあると思います。
入会時の年齢、YEG活動へのかかわり度合いは人それぞれですが、卒業は45歳と決まっている会です。その在籍期間にYEGでの様々な役職、立場を経験し、どのような役割を果たすべきなのか、どうすればいいのかを考えることが、自分の成長、ひいては自企業を発展させる原動力になるのではないでしょうか。

このページの一番上へ

四国広瀬産業(株) 広瀬雅彦君









■入会のきっかけ
20代の頃から多方面よりお誘いを受けておりましたが二の足を踏んでおりました。
38歳の時、当時加入していた異業種交流会の卒業を前に、この先どうしようかなと思っていたところでタイミング良くお誘いを頂き入会することになりました。

■青年部の印象
入会前はなんとなく「堅苦しそうな」イメージでした、それが入会を阻んでいたのかもしれません。しかし実際入ってみると本当に楽しい仲間と楽しい活動のできる団体であると思いました。
入会後は副委員長、専務理事、委員長、副会長などさせてもらいましたが、一番印象に残っているのは委員長として縁会、縁日、縁結びのテーマで青年会議所と共同で龍馬生誕180年記念事業として行った「龍馬の大縁会」です。駅前の旅広場で縁会(宴会)や縁日、そして縁結びとして男女40名で婚活イベントを龍馬記念館や五台山、幕末志士社中で行ったことは今でも思い出として残っています。そしてこの事業がきっかけで青年会議所とも新しい縁が生まれ、それまでとは違った関係が築けたのではないかと思います。
また、2017年度は日本YEGに出向させてもらい、全国の仲間と出会え、色んな意味で刺激を受けることができ、昨年の四国ブロック大会高知大会運営に携わることができたのも良い思い出となりました。

■PR
当社は昭和24年に私の祖父がタイル店として創業し今年で70年になります。
現在はタイル工事以外に高知と松山で四国ガスサービスショップとしてガス器具販売、修理、ガス工事や水回りの工事と共にリフォームや太陽光発電、燃料電池エネファームなど住まいのことなら何でも取り扱っております。

■最後に一言
YEG現役も残りわずかですが、やりきったので悔いはありません!
…でもあと1〜2年やりたかったかな(笑)
後輩の皆さんには卒業前にそう思えるくらいに目一杯活動してもらいたいと思います。

このページの一番上へ

光テック 夕部美子君










■入会のきっかけ
父親がYEGOBでしたので、勧められ26歳で入会しました。
父は1991年によさこい祭り前夜祭を立ち上げた世代で、小さい頃から父親がYEG活動を生き生きと行なっているのを見ていましたので、私も自然と入会したという感じです。
入ってからの印象は「大好きな組織」
合わせて26歳から、結婚・子育て、私生活での変化もありつつYEGをしながら乗り越えて来ましたので、まさに人生をYEGと共に歩んで来たという印象です。
私が入会した頃は、女性会員も少なく、頑張って馴染もうとした思い出があります。
たくさんの先輩に叱られ、褒められ育ててもらったこと、飲み会も「ワインが鼻から出るぐらい」頑張ったこと(笑)全て今に至る財産です。
特に活動で思い出深いのは、人づくり委員会(当時)で急遽委員長をしたこと、担当副委員長として取り組んだアンパンマン像の除幕式と桑田真澄さんの講演会です。
アンパンマンの時は、最初何となく進めていたら、当時の宅間会長に一喝されて、「よーしやってやろう!」と火が付きました。結果、当時娘が通っていた幼稚園の父兄にも助けてもらって園児の合唱を入れたり、バルーンでの飾り付けをしたりと良いイベントに出来たように思います。
そういう意味では、YEGの活動に限らず、怒られた時に、そこで落ち込むのか、はみかえる(笑)のかが大きな分かれ目だと思います。
私はYEGの先輩たちによく怒られましたが、はみかえったことで凄く大きな財産をもらったような気がします。

■PR
祖父が創業した光テックは、戸建・マンション等住宅全般のリフォームに携わっています。
業界に関わる中で、最近は不動産屋さんと組んで新たな市場を開拓しようと努力したり、ジェルコ(日本住宅リフォーム産業協会)という全国団体の役員として業界の活性化に取り組んだりもしています。
先日は、取り組んだ仕事がジェルコの優秀賞にも選ばれ、全国の仲間の代表としても益々責任感が増しているところです。
私の仕事の意義は「好きなものに囲まれて暮らす」を実現するお手伝いが出来ること。
こだわりは「ただリフォームする」だけではなく、ひとさじ加えることでその空間がちょっと素敵に見える「ひとさじリッチリフォーム」
お一人お一人のお客様と向き合い、寄り添って「その人ならでは」の空間を作ることを大事にしています。
生活の質の向上を図り「今の幸せ」を手に入れるお手伝いをする、その仕事を通じて、お客様の幸せが実現する、これが一番の喜びです。
YEGの皆さんも、住宅リフォームの際は何でもご相談ください!


■最後に一言
私にとっては人生の一部、そして「趣味」だったYEG活動ですが、思い返すと「楽しかった」ことが何よりの原動力だったように思います。
しかし何より大事なことは「両立」仕事もきちんと出来てこその活動だと思います。
肩肘張らず、仕事を基本としながら、YEG活動を楽しんでもらいたいと思います。

このページの一番上へ

ダイニングプランナー株式会社  仲井邦宏君









■入会のきっかけ
幼馴染である、椛蝌a建設の北本くんと、共通の知人の紹介で、二人で入会する運びとなりました。


■青年部の印象
JC卒業生が多く、卒業したのちに入っている印象が強かったです。他団体と違う温和化な雰囲気もあり、多くの大切な仲間と出会う事が出来ました。

■PR
居酒家駱駝 駱駝別邸 Lounge camel に続き2018年12月3日に南御座 高知蔦屋書店1Fに RAKUDA NIKU BARU JAPAN をオープンしました。
この店舗は龍馬ブラックという鳥を使用したもので、安全安心で美味しい卵を提供したいと、餌から無農薬、高知県産食材にこだわり育てあげた鳥を提供いたしております。
若鶏は100日鳥でこの蔦谷店のみとなっていますので、是非ご来店、ご賞味ください。


■最後に一言
卒業まで残すところあと少しとなり、現役でなくなる寂しさがありますが、今後も高知商工会議所青年部での経験を活かし邁進して行きたいと思います、また今後も青年部活動をサポートして行きますので、宜しくお願いします。

このページの一番上へ

日進設備工業(株) 岡ア勇樹君









■入会のきっかけ
飲み屋でたまたま知り合った内田塗料(株)の内田先輩にその場で誘われ、後日事務所にも来られYEGの詳しい説明もしてくれたうえで再度誘われ入会した。当時のメンバーに数名知り合いもいて安心して入会できました。


■青年部の印象
入会する前からワクワクしていました。楽しみしかなかったと言えます。出会い委員会(新入会員委員会)から始まり、いろいろなことが経験できました。特に強く印象に残っているのは今年度の専務理事をやっている小松和明さんが担当だった2013年の「高知の将来を考えても委員会」が面白かったことです。飲み会ばっかりでとりあえず飲んだと記憶しています。飲みながら色々なことを語りあい交流を深めることができました。またYEG活動を通じて多くの仲間と知り合えました。OBの池澤さん、楠瀬さんにはお世話になり現在も交流が続いています。

■PR
大和ハウス工業(株)さんの仕事が中心です。大和ハウスさんの役員も務めていてその関係上、出張等で色々なものに見たり聞いたり触ったり様々な経験をしてきました。その経験をまずは会社で広め、地域に広め、みんなが良い方向に進んで行けるよう貢献したいです。一人の力では難しいかもしれませんが、きっかけはやはり人の力です。あきらめずに日々前進していきます。


■最後に一言
5年半在籍して色々な出会いがあり体験をさせてもらいました。YEG活動は自分の仕事では味わえないことだらけです。その経験は今の仕事にとってもその他のことにとってもプラスになったことは間違いありません。今後をこの経験を後輩に伝えていかなければならないと思っています。みんながYEGに入って良かったと思えるようなことを伝えていきます。失敗もあったし苦手な人もいました。しかし仕事でのそれは同じ。そう言う事を乗り越えて活動していくことの大切さを勉強させてもらいました。

このページの一番上へ

ホテル高砂 川田昌義君









■入会のきっかけ
入会は業界の先輩に声をかけて頂き、入会する運びとなりました。

■青年部の印象
印象というよりは感想になってしまいますが、多くの先輩、仲間に叱咤激励をいただきながら物事の取り組み、姿勢、考え方など教えていただきました。そして一緒に苦労して事業を取り組むことで得られる人間関係は強く、今でも卒業した先輩に相談に乗ってもらっております。

■PR
当ホテルとしても長年この高知で宿泊業をさせていただいてるので、今後も行政並びに観光関係機関と一緒になって四国高知の魅力を知っていただき国内外から多くの人に高知に訪れていただけるよう活動していきたいです。

■最後に一言
会長時代の所信にも書いたのですが、YEG活動の原点は、私達自らの企業を発展させることにあると考えます。しかしながら入会するだけで個々の企業を直接的に発展に導いてくれるものではありません。YEGとは、ひとづくりの場であり、自己研鑽の場であり、そこで何を学び会得し、それを糧に自らの企業や地域をいかに発展させていくのがYEG活動そのものであり、その中からやる気のあるものが生まれ、仲間や組織を動かし地域を活性化していく、そういう場でなければならないと考えます。誰かがやるのを待つのではなく、自分がやるという気概を持って、想いを実現すべく共に行動し、輝く未来を切り拓いていけるよう頑張ってください。
自分も卒業してもOB1年生として初心にかえり頑張ります!

このページの一番上へ

すまいる空調サービス 石上康之君









■入会のきっかけ
今年度、四国YEGの会長をつとめられた森本太一郎くんに数年前から誘われていました。青年会議所を卒業して3年、義弟である武島誉くんが同会議所を卒業するタイミングで入会させていただきました。

■青年部の印象
入会時の年齢からYEG生活は2年しかありません。1年目は無我夢中でやらせてきただき、2年目年は副委員長の職をつとめさせていただくことになりました。最後の年なので頑張ろうと思い始まった1年ですが、会合や会議、打ち合わせが多く、またとにかく飲み会が多いと感じました。飲み会で得られることは非常に多く、仕事にも随分繋がりました。

■PR
2012年にエアコンクリーニングを主とした清掃業として創業いたしました。家庭用から業務用のものまで幅広く対応しております。また近年では新電力の代理店業務をいたしております。
すまいる空調サービスでは社名の通り『笑顔を絶やさないこと』を命題にし、仕事は丁寧迅速を心がけています。地元企業として大手とは違う距離感が近いコミュニケーションを重要視しており、機器のトラブルをはじめお困りごとがあっても直ぐに対応させていただきます。
エアコンクリーニング業を始めて多くの方から質問をいただくことがエアコンクリーニングの頻度ですがご家庭用のものでしたら3年に一度の専門店のクリーニングをお勧めしています。
綺麗になってお客さまが笑顔になるのを見ることがなによりの喜びです。


■最後に一言
委員会で新しいチャレンジをした経験、先輩の伝統を引き継ぎつつ挑戦してもらいたいです。
日々状況は変わっている 対応するため YEGらしく 

このページの一番上へ

エディオンモトダ電器 元田健太郎君









■入会のきっかけ
お互いにSONYショップということで懇意にしていただいていた岡林章さんに誘われて入会しました。

■青年部の印象
活動に参加させていただく中で色々と大変なこともありましたが、生涯の友達といえる仲間ができました。活動の中で特に印象的な思い出は、土佐の「おきゃく」YEGブースの実行委員長・飲み会・よさこい祭り高知駅前演舞場の運営です。駅前演舞場は二年目から参加させていただき、それ以降は演舞場の照明を一手に担当してきました。皆で新しく創り上げた事業の中で深く関わらせてもらったことはとても良い思い出になりました。

■PR
当店は「まちの電器屋さん」です。
外注無し、完全販売なので単に小売するだけではありません。配達配送・設置工事はもちろん、買い替え商品や不要になった家電製品の引き取りもいたします。また、アフターケアは特に力を入れており、販売した商品は一貫して責任を持つ体制です
家電はそれぞれの生活に必要不可欠なパートナー、だからこそ一人一人のお客様と向き合い、寄り添うことを大事にしています。それぞれのお客様に合った商品を考え抜いて提案させて頂いていますので、思いが通じなかった時は難しいなと感じる時もありますが、喜んで頂いた時は何より嬉しく思います。
最近、元田君には「文句が言えるから好い」という言葉を頂き、改めて関係が近いことの大切さを感じています。家電は生活密着だからこそ、売って終わりではない、末長く近しい関係をお客様と持てるのは、喜びであり強みだと感じています。
これからもお客様第一、地域密着で頑張ります。

■最後に一言
YEGの後輩のみなさん、自分の入る委員会は自分で決めましょう。何を選んでも汗をかかないといけないので、自分が本当にやりたいものをやるべきです。
仕事・YEGの内外を問わず、公私ともに「文句が言えるモトダデンキ」をよろしくお願いいたします。

このページの一番上へ
  • 前ページ
  • TOPページ
  • 次ページ
  • HOMEページ

- Topics Board -

会長あいさつ
執行部・委員会紹介
会員リスト
会員企業訪問
新入会員紹介
組織図
リンク