会員企業訪問

 

有限会社 合田呉服店 合田 国生君









■YEGに入会したきっかけ
YEGに入会をされていたOB(上町オダ先輩、土佐ハイヤーオカモト先輩)にご紹介いただき入会しました(2002年)。人脈形成につながればという想いから即決で入会を決めました。

■青年部の印象
YEGの一番の印象は懇親会などの出席率が非常に高く、人脈形成の場として有益な場所でした。入会当初は、自社の業務で大変忙しく、どうしてもYEG活動に参加できず休みがちになっていましたが、「また、落ち着いたら参加してね」など、見捨てずに会員の皆様にお声をかけてもらい、あらためて参加しやすい環境をつくっていただきました。ここがYEGの良さであり、多くの人脈を形成することが出来る理由です。
また、人脈形成だけでなくYEG活動を通じ、高知の様々な業種の青年経済人が集まり、考える事での刺激、頑張っている後輩からの刺激、困難があっても前向きになれる仲間からの刺激と多くの刺激をもらい、自身の成長にもつながりました。
そして何かを成し遂げた時の達成感を会員の仲間と共有できた時、YEGに入会してよかったと思いました。
今自信のない方、YEGは失敗できる場でもあるからこそ大事なことを学べます。
私のように参加できなくても、見捨てないのがYEGです。不安な点もあるでしょうが、ぜひ参加してみてください。

■自社PR
上町に143年目私で5代目となります。綿屋から始まり呉服屋として100年以上、和のものに目を向け、美と健康を考え呉服・寝具を取り扱っております。
先代の想いを受け継ぎながら、さらに新しいものを取り入れ続けていきます。
呉服は敷居が高いと思われがちですが、日本のものを改めて知る機会でもありますので、ぜひお立ち寄りください。

■最後に一言
2002年入会してから、YEGで活動したことは本当に価値あるものでした。メンバーとの交流で得た人脈は財産です。本当にありがとうございました。

このページの一番上へ

BE wave 麻生 恭介君

■入会のきっかけ
入会前は青年会議所に入会していましたが卒業のタイミングでYEGに入会していた先輩からの誘いがありYEGに入会させていただくこととなりました。

■青年部の印象
 正直に申し上げるとYEGの先輩会員の中には青年会議所に入っていた私たちのことをあまり歓迎されていないように感じる部分もあり良い印象はありませんでした。しかし、YランドリーグやYEGから派生した「北の会」などで活動に参加すると皆さん年齢関係無くフラットに接して頂き、楽しく和を広げることができました。

■自社PR
当社はお客様にITシステムを提供していますが、システムを作る前にお客様としっかりヒアリングを行います。その結果、お客様に納得したシステムを提供することができています。また当社が大事にしていることがあります。
「事業ビジョン」
ICTをもっと簡単なものとして世界へ普及させる手伝いをする。
「組織の方向性」
組織と人を大切にする会社に。常に楽しく。常にポジティブに。

■最後に一言
YEGでの会員活動は年齢制限があるので限られた時間でしか活動ができません。ですので、その時その時を大事に活動してほしいと思います。また、商工会議所は先ほど紹介した「北の会」などの活動もありますので積極的に参加すればより幅広いつながりができると思います。

このページの一番上へ

Bar Sorga 山崎 元啓君









■入会のきっかけ 
平成17年に店をオープンした後、お客さんとして店に来ていたYEGメンバーから誘われ、入会を決めました。
人脈を増やしたいと思い、平成30年に入会しました。
入るときは、「嫌やったらやめたらいい」等の言葉をかけていただきました。

■青年部の印象 
入ってみて、店に来ていたお客さんもたくさんおり、馴染みやすかったです。
新しい人脈も増え、趣味の釣り仲間も増えました。飲食店のネット―ワークだけでは知りえない人脈も増え、入会してとても良かったと感じています。
また、入会後の印象としては、ただの飲み会をしているのではなく、皆が一つの事業実現に向け一生懸命頑張っていると思いました。
今では、もっと早く入会していればよかったと思います。

■自社PR 
わが社のアピールポイントとしては一言、「俺や」です。

■最後に一言 
45歳までなので一生懸命楽しんで、YEG活動に打ち込めばよいと思います。
また、積極的に参加し、仲間を増やしていただきたいと思います。

このページの一番上へ

ダイニングプランナー株式会社 久保 潔君

■入会のきっかけ
弊社代表取締役の仲井がもともとYEGに入会しており、仲井よりYEGに入会すれば勉強になるからと勧められ入会しました。

■青年部の印象
入会前は知り合いもおらず、何をしている団体なのかも分かっていませんでした。「嫌だな」というのが正直なところでした。
しかし、活動に参加していく中で面白さを感じていきました。入会2年目から副委員長を任されることになり、副委員長時代は、常に委員長を最後まで支えるとの思いでYEG活動をしていました。
平成30年度は、卒業目前ということもあり、委員長を経験させていただきました。とても素晴らしい委員会メンバーに恵まれ、大変でしたが、一番の思い出に残る経験をさせていただきました。
YEGに入って、何といっても人脈が増えました。色々な経営者の方・他業種の方とお話をする機会は、とても勉強になり、自分自身の成長に繋がりました。
これからのYEGメンバーには、是非とも、積極的に活動参加いただきたいと思います。

■自社PR
接待や記念日などあらゆるシーンに対応したおもてなしをさせていただきます。ご予算・ご要望に応じて対応させていただきますので、いつでもご相談ください。 

■最後に一言
YEGに入って6年間、様々な人と出会い、勉強させていただくことが出来ました。本当にありがとうございました。

このページの一番上へ

株式会社サント企画 上島 潤君









■入会のきっかけ
ある日、突然、当時のYEG会長と専務理事が会社に来て、「入会おめでとう」という話を聞きました。何のことかと思いましたが、自分が聞く前にYEGに入会することになっていたという話をお聞きし、気が付いたら入会となっていました。

■青年部の印象
当時の印象としては、毎回飲み会が盛り上がる団体だというのが第一印象でした。毎回最後までやりきっていました。
実際の活動自体も、おもしろくやりがいのある事柄が多いという印象でした。また、右も左もわからない状態でも、先輩方が色々と教えてくれていました。
YEGに入って忙しい時もありましたが、とてもいい経験となりました。取引先も会員間で増えていき、忙しい時期を乗りこえる中で様々なスキルや自信を持つこともできました。

■自社PR
当社は高知県香美市のお花屋さんです。特に、慶弔時やお祝い事に対する強みがあります。強みとしては、「花のボリュームがよい」ということです。急なお祝い事にも対応させていただいております。
YEGでも委員会などで1度お取引をいただいたことをきっかけとして、継続的に取引いただいているお客様もたくさんあります。

■最後に一言
YEGに入会した以上、一からYEGを学んでほしいと思います。どこかの鏡に照らし合わせて行動したり考えたりするのではなく、学んでいく中で「自分ならこうする」という主体性を持って参画し活動していけばよいのかなと思います。
また、委員会や事業に単に参加するだけではなく、自分ができることを探し、積極的に参画し、信頼を得ることが大切なことだと思います。そうすることで、周囲から「自身の青年経済人として、人としての評価」が生まれてくるのだと思います。私は卒業してしまいますが、現役の皆さんにはYEG活動を通して、最高の人生経験を『全力』でしてもらいたいです。

このページの一番上へ

潟Jイ潟Jイエン 須崎魚河岸魚貴 追手筋店エン 須崎魚河岸魚貴 追手筋店 岡崎 浩文君









■入会のきっかけ
当店のオーナーが須崎YEGに入会しており、オーナーから入会をすすめられ入会した。
その他にも他業種との交流を図りたいという思いがあり入会することにしました。

■青年部の印象
入会した当初の印象は良くなかった。3年間YEGに入会しており、今年卒業となるが現在も良い印象は無い。仕事柄、夜は店の管理があるため定例会や飲み会にほとんど参加できなかった。もっと参加できていたら印象が違ったかもしれない。


■自社PR
魚貴は高知市内に3店舗と須崎本店で合わせて4店舗を展開しています。魚貴は須崎で仕入れた旨い魚を直送してもらい鮮度の良い状態でお客様に提供しています。
追手筋店の特徴としては大人数(60人程度)の宴会も開催できる広さをご用意しております。宴会等を御検討の際は是非ご利用下さい。また、店の冷蔵ショーケース内にある魚はお客様のリクエストに応じた料理を提供できるサービスもありますので是非一緒にご利用下さい。


■最後に一言
自分はYEG活動に積極的に参加できなかったが、せっかくYEGに入会したのであればイベントに参加し自分のスキルを高めてほしい。ただ、仕事が一番なのでYEG活動とのバランスを崩さないようにしてほしい。

このページの一番上へ

CIPHER EnterPrise 株式会社  坂本 親信君









■入会のきっかけ
以前からYEGで活躍している同級生にお誘いを頂いていたこともあり、JC卒業直前の10月に人脈を広げたいという思いもあって軽い気持ちで入会しました。

■青年部の印象
YEGは、皆がフレンドリーで優しく、和気あいあいと活動しているという印象です。
入会して、すぐに30周年イベントがあり、何も分からないままバタバタしていたのは印象に残っています。
対外的な全体事業の「土曜夜市」「豊穣祭」「龍馬生誕祭」「土佐のおきゃく」には特に積極的に参加し、皆で楽しい時間を過ごさせて頂きました。 特に、土曜夜市は毎年皆勤で参加させて頂き、いろんな方と接する事が出来ました。
自身がYEGの活動から離れた時には、中山浩靖先輩、広瀬雅彦先輩、正木光広先輩、武田弘己さん等たくさんの人に声をかけて誘って頂いた事は感謝しています。
YEGは失敗しても良いところです。失敗して気付き、学ぶことはたくさんあります。新入会員には、積極的に失敗して勉強してほしいと思います。

■自社PR
「十刻に来て頂いた人には幸せになって欲しい」という想いを持ち、自分達に出来る事はなんでもするようにしています。
飲み放題では、挨拶の間は時間を止めてなるべく長くいてもらったり、 おひとり様・女性や子供でしたら、値段と料金を調整したり、来ていただいた全員に行き届いたサービスができるように、臨機応変に対応するようにしています。
また宣伝はせず、その分の費用を来店された方に還元サービスして、満足していただけるように心がけています。
自身は常に、プレイヤーであり、経営者であり続けたいと思います。

■最後に一言
仕事も大事ですけど、YEG活動をやるからには、礼儀、節度をもってやってほしいです。
でも、一番は家族を大事にしてほしいですね。
YEGを通して、皆にありがとうと言われる人間になってほしいです。
最後に 5 年半ありがとうございました。 皆さんこれからもYEG活動楽しんでください。

このページの一番上へ

株式会社高知丸高 高野 光二郎君









■入会のきっかけ
高知に帰ってきた当時、高知丸高の関連会社が旅館業を営んでおりましたので、関係者の勧めで旅館組合に入会しておりました。そこで、今でも親しくお付き合いをさせて頂いているホテル日航高知旭ロイヤルの東富さんと出会い、YEGに誘って頂いた事がきっかけで2003年7月に入会しました。

■青年部の印象
入会当初は、現役•OBの諸兄ともそれぞれの業界を牽引されている方々、思想や職種の幅も広く、とにかく頼りがいのある先輩が多くいらっしゃって、メンバー同士非常に仲も良いという印象でした。当時、県外から地元高知に帰ってきたばかりの自分に対して、親身になって色々なご指導、多くの叱咤激励を賜りました。
また、Y EGは組織として非常に人間味溢れる団体だと思いますね。昔は、鏡川まつりの企画•運営、最近では、よさこい祭りの高知駅前演舞場の運営など、地元のイベントやまつりを通じて、仲間と過ごす経験は他では得難いものです。
在籍した期間を通じてたくさんの先輩や友人に出会えたことが青年部での財産です。

■自社PR
弊社は、父がお金も何も無い時代に、苦労を重ねて高知丸高を創業しました。
創業以来、基礎工事のパイオニアとして、第一線で活躍し、世の中のニーズに対応した施工技術の開発に取り組んでまいりました。特に特殊な条件下での工事や岩盤削孔工事においては、数多くの実績と成果を上げております。
また、土木•基礎工事•橋梁•防災製品など、幅広く事業を展開しており、今年で会社創立55周年を迎えます。
これからの歩みは、更なる高知への恩返しです。今まで以上に、オンリーワン高知、メイドイン高知を売り込み挑戦していきたい。
高知丸高は、県内よりも県外での仕事が多いのも特徴のひとつです。
遠く県外の現場まで、機材を運ぶ運転手から施工・メンテナンスの技術者まで、1つのチーム(班)として向かいます。同じく、一昨年から取り組んでいるODAで中国やパキスタンやミャンマーなどの海外で、現地の駅や橋を作っていますが、その時も高知の企業と一緒にタッグを組み、チーム高知で仕事を行っています。
日本国内で人口が減っている中、県外のみならず海外に仕事を取りに行き、そこで、メイドイン高知の企業が作り出した技術やアイデアを発信し続けていきたい。

■最後に一言
17年間もの長い間在籍してきましたが、Y EGでの活動は数えるばかりでした。
印象に残っているのは、地震防災委員会で神戸に行った時に、皆でワインを飲んで馬鹿騒ぎなどの粗相をおかして、先輩にすごく怒られたこと。振り返れば楽しい思い出です。
活動が終わって寂しいという感覚はなく、苦労してきたということもないですが、YEGの皆さんと知り合えて良かったですし、卒業してもその関係が崩れるわけではないので、
これからもYEGで繋がっている皆さんに、悩み事や相談事があればいつでも連絡して来て下さい。逆に、卒業してもこれからもよろしくという気持ちです。

このページの一番上へ

株式会社エースワン 中山 大樹君









■入会のきっかけ
ひと世代前に、中山浩靖さんがYEG活動をしておりました。
2017年4月に前任者より引継ぎで入会しました。

■青年部の印象
YEGは会員の幅が広く、人脈がより広がり、より商売に近い印象です。また、委員会には強制的に参加するのではなく、自分自身で参加しなければいけない印象を持ちました。
参加することで役割を与えられ、その機会にチャレンジすることで自分自身の成長につながるし、会社の成長にもつながります。具体的には、元々凝り性だった事もありますが、パワーポイントを使ったプレゼンの技術は格段に上がりました。他には、ストロング組織委員会でネッツトヨタ南国に取材に行った事は、自身や会社の成長につながる出会いになりました。

■自社PR
地域・お客様に必要とされる存在であり続けることが会社の存在意義に関わる事だと考え、昭和51年の創業より、利益の売上の一部を地域社会に還元する事を続けており、毎年配っている桜の苗木は10万本を超えました。
当然のことながら、より良い品をより安く提供し、地域の役に立つ事が根幹にありYEGにも通じることがあります。

■最後に一言
3年間活動してあと卒業例会を残すのみとなり、振り返るともっと事業に参加し貢献できたのではないかと・・・。骨折をしてよさこい祭りに参加出来なかったり、昨年より社業が大変で特に今年の最終年度がほとんど参加出来なかったのは心残りです。
社訓でもある「最初に実を求める者は、木を枯らす」の言葉のように、最初から結果を求めるのではなくコツコツと積重ねることに意味があると思います。
会員の皆さんはせっかくなのでやりすぎと思えるぐらい積極的に参加してみたらどうでしょうか。


このページの一番上へ

株式会社マイエミート 杉本 守君









■入会のきっかけ
社長から勉強してこいと言われ入会しました。入会時には青年部がどんな団体かも分かっていませんでした。


■青年部の印象
歴代の先輩には強面が多く、正直怖かった面がありました。また青年部の歌などを歌う定例会を目の当たりにし、面食らったのを覚えております。入会後しばらくは青年部がどんな団体かも分かっていませんでしたので、案内に対して積極的に参加して勉強していくようにしていました。
社長は顔が広かったので色んな方と交流があったのですが、自分自身一時期勉強の為に高知を離れて愛媛の新居浜で肉の卸売業者に勤めていたので、高知に帰って来てからは人を知りませんでした。青年部活動を通じて自分の事を知ってもらう事ができまた異業種交流が活発になり、自分の仕事だけでは作る事の出来ない人脈を広げる事が出来て本当に社業に役に立っていると思います。ただし、18年は長かったですね(笑)。


■自社PR
おいしいお肉をどんどんお安くお届けいたします。食肉に関する事ならぜひ一度お問い合わせください。社長が珍しいもの好きなので、色々な希少部位が揃っております。
特売は基本的に第3週水曜日〜翌週の月曜日まで。また、8月と12月はいつもと違う特売日をやっています。お肉を買ってもらったらBBQセットを無料貸し出しておりますので是非ご活用くださいませ。焼肉のタレは当店オリジナル商品がおススメです。弊社が味にこだわってつくっております。



■最後に一言
元々青年部は商売人のための学び舎であったかと思いますが、時代の流れにより商売だけでなく郷土のために様々な事業を行っていくようになりました。前年とは違う景色を毎年見せてくれる青年部活動が、私は大好きです。私は二代目ですが、入会してくる方の中には年下ではありますが起業家など様々な凄い方はおられますので、自分は年上ではありますが勉強することがたくさんありました。
 最後にお願いがあります。皆さまぜひ役員会や委員会でもっと発言してみてください。出席してください。最初は場の雰囲気に飲まれ、なかなか難しいところがあるかと思います。コツもあるかも知れません。しかし、まずは配布資料を隅々まで確認し、自分が思ったことだけを発言してもいいと思います。分からなければ分からないと言う勇気を持って青年部活動に邁進してください。

このページの一番上へ
  • 前ページ
  • TOPページ
  • 次ページ
  • HOMEページ

- Topics Board -

会長あいさつ
執行部・委員会紹介
会員リスト
会員企業訪問
新入会員紹介
組織図
リンク